映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」:あなたが普通じゃないから、世界はこんなに素晴らしい

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(原題:THE IMITATION GAME

イミテーション・ゲーム

【ジャンル】
ヒューマンドラマ

【放映年/時間】
2015年/114分

【出演者】
ベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch)
キーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)

【舞台】
イギリス(ブレッチリー・パーク)

【あらすじ】
第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。

[引用]シネマトゥデイ

  • ハラハラする:★5
  • ドキドキする:★4
  • 泣ける:★3
  • おすすめ度:★4
2015年3月13日公開の映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」。最近ではSF以外(迫力重視!)映画館で観ないのですが、この映画はテレビで紹介(TBS系「王様のブランチ」)されていたのを見て興味を持ち、公開日翌日に観に行ってきました!

ですが、映画の感想がかなり出遅れました(^^;

さてさて、映画についてです。

コンピューターに詳しい人は「チューリングマシン」で、主人公アラン・チューリングの名前を知っているそうです(←これは夫の話)。もちろん私は知りませんでしたが…(^^; 。ですが、彼の偉業や生い立ちについて知っている人は少ないのではないでしょうか。

天才数学者、最高機密保持者、同性愛者…普通とは無縁だったアラン・チューリングの数奇な人生。最後は、犯罪者(=イギリスでは当時、同性愛は犯罪だった)として自ら命を経ちます。彼の死後(1954年以降)も、イギリス政府は彼の功績を隠し続けていましたが、1970年代に出版された本により、彼の功績が世間に明らかになりました。

歴史研究者たちは、アラン・チューリングがドイツ軍の暗号エニグマを解読したことにより、第二次世界大戦の終結は2年以上早まり、1400万人が死なずにすんだと試算しています。

映画の最後。同性愛の罪で逮捕され、ホルモン剤を投与することを条件に釈放されたアラン・チューリングの元へ、元婚約者のジョーン(キーラ・ナイトレイ)が尋ねてきます。

ジョーンは、女性の職業差別がなされていた当時のイギリスで、彼女の暗号解読の才能を見いだしたチューリングが、エニグマの暗号解読に参加させた唯一の女性でした。チューリングとジョーンは婚約したものの、チューリングが同性愛者だったため婚約解消しました。

エニグマの暗号解読という普通じゃない仕事に従事していた二人。その後、ジョーンは、普通の結婚、普通の仕事を手に入れていました。一方、チューリングは同性愛の罪で逮捕され犯罪者に。チューリングは彼女に「普通の生活を手に入れたんだね」と寂しげに言います。

ジョーンは言います。

「時として、誰も想像できなかったような人物が、誰も想像できなかった偉業を成し遂げる」

それはチューリングが、かつて暗号解読の仕事をすることを迷っていたジョーンに言った言葉でした。チューリングが救った大勢の命。イギリス国民の誰もが知らなくても、彼女は彼の偉大な功績を知っています。

そして、彼女は言います。

「あなたが普通じゃないから、世界はこんなに素晴らしい」

彼の普通じゃない人生を、ぜひ映画でご覧ください!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはこちら

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

下記の「送信」ボタンを押してください。